塩害がもたらす影響と被害防止のための対策

海のそばの一戸建てに迫る劣化の影響

誰もが憧れる家といえば、海がすぐ近くにある家。リゾート地に建てられたホテルのように、家の窓から美しいオーシャンビューが望める家は人気の物件です。しかし、こうした家は常に厄介な塩害と隣り合わせであることを忘れてはなりません。

塩害とは

簡単にいえば、塩分による周囲の土地や建物へ影響のことです。農業では作物が枯れる原因としても有名なので、農家だけの問題だと考える人もいるでしょうが、農家ではない一般の家庭でも被害に遭うことがあります。海に近い場所ですと、潮風に乗って海からたくさんの塩が家に付着します。家の周囲の設備や外壁、窓ガラスに至るまで塩分の影響で劣化してしまいます。海岸から2~3km離れた場所でも塩害は発生するので、建ててから年数が経っている家は注意が必要です。

外壁

塩害の影響~サビ~

海水中の塩分が潮風と共に陸地へ運ばれると、さまざまな塩害がもたらされます。塩には、金属が腐食されるスピードを早める作用があります。金属製の手すりや扉、窓のサッシや給湯器などの設備に至るまで、潮風による塩害で簡単にサビてしまうのです。

窓を拭く人

塩害の影響~窓ガラス~

潮風に乗ってやってくる塩分は、金属だけでなくガラスにも影響を与えます。ガラス表面にたくさんの塩分が付着することで、透明なガラスが白く曇ってしまうのです。窓からの眺めをよくするためには、定期的な清掃が欠かせません。

海

劣化スピードをあげる潮風

塩害は外壁塗装にも影響を与えます。外壁塗装の塗り替え時期は約10年が目安。しかし海に近い家では、塩害によって塗装の劣化スピードが早まるため、綺麗な塗装もしばらくすれば、みすぼらしい状態となります。また、テラスやサッシが無垢材で作られた家ですと、無垢材表面に塩の塊ができることがあります。これは無垢材からのヤニに塩分が付着した状態であり、自分で取り去ることは難しいので注意が必要です。

塩害に強い塗料、外壁材の種類

上記のような塩害の影響を知れば、海の近くに家を建てることは諦めるべきだ、と多くの人は考えるでしょう。しかし、特別な外壁塗装を行なうことで、塩害への対処ができます。次に紹介するのは、樹脂サイディングやガラスコーティング、セラムコートなどの対塩害に向いた塗装です。

金属・窯業系は塩害に弱い

多くの家で使用される外壁材といえば、金属系サイディングや窯業系サイディングが挙げられます。金属系は頑丈であるため耐震性に優れ、窯業系のサイディングは防火性や遮音性に優れているとされています。どちらも安く使用できるので、多くの建物に使われますが、塩害の多い地域には向いていないといわれています。
金属系サイディングは塩害により、サビや塗装劣化による変色が現れやすくなります。また、窯業系サイディングに使われる素材は、多くの場合セメントです。このセメントは、塩素によって劣化する性質があります。塩害によってひび割れや剥落などの劣化が現れやすくなるので、海に近い物件には不向きといわれているのです。

海の近くなら樹脂サイディングがオススメ 

街と海

海の近くに建てられた物件は、常に潮風による塩害を受けることになります。しかし、外壁材の持つ塩害対策に効果的な特性・機能を知っておけば、海に近い家の建築や補修の際に参考になるでしょう。

樹脂サイディングのメリット

塩害対策に効果的な特性を持った外壁材とは、ズバリ「樹脂サイディング」です。樹脂サイディングの「樹脂」とは、簡単にいえばプラスチックのことです。誰もが思いつくプラスチックの特徴といえば、サビないこと。樹脂サイディングは腐食に対して非常に強い耐性があるので、海に近い場所でも問題なく使用できます。また、耐薬品性にも優れているため、塩素による劣化にも耐性があるのです。樹脂サイディングは塩ビ樹脂を用いています。通常のプラスチックに比べ、塩ビ樹脂は耐火性や耐候性といった性能が高いので、外壁材として申し分ない性能があります。

樹脂サイディングの豊富なデザイン

樹脂サイディングは、素材に顔料が含まれているので、通常の建物に使用する外壁塗装とは異なる発色や質感が楽しめます。カラーバリエーションも豊富に選べるので、好きなカラーのものを選べるほか、複数のカラーを組み合わせて印象的なデザインを施すこともできます。アメリカが発祥の樹脂サイディングは、洋風建築にピッタリな外壁材ですが、レンガやタイル材とは違い、木材のような暖かな質感があるので、和風建築にも活用することができます。

塩害対策にオススメな塗料

ガラスコーティング

水滴

ガラスコーティングは、常温硬化型ガラス塗装とも呼ばれる塗装方法です。ガラスといえば、多くの薬品の容器として使用される耐薬品性に優れた素材。外壁にガラスの耐薬品性を与えるガラスコーティングならば、塩害によるサビや劣化を防ぐことができます。ガラス特有の撥水性の高さも利点です。水が建物内部に浸透することを防ぎます。さらに汚れも付着しにくくなるので、雨や水洗いによって簡単に汚れを洗い落とせます。

セラムコート

作業をする男性

耐塩害に強い塗料として有名なのが、セラムコートです。海岸や沿岸に建てられた工場や建築物などにも用いられていることからも、その性能の高さが窺い知れます。特殊な塗料となれば価格が気になるところでしょうが、セラムコートの価格は従来品の塗料とほとんど変わりません。そればかりか、下塗り作業が不用であるため、その分、従来の塗装よりも安く塗装できる場合もあります。

おすすめ記事